文句中心

暇潰しにでもなれば

日本大学ランキング2019-2020トップ1%研究者部門 阪大、禁術発動の巻

記事を移転させました。

 研究者は研究するのが仕事だ。世界を変えた偉大な学者にはノーベル賞やフィールズ賞に代表される学術賞が与えられるが、それ以外にも被引用数の多寡が一流の研究者であるかどうか、ひとつの指標となっている。

 日本大学ランキングトップ1%研究者部門では、論文の被引用数が世界で上位1%に入る研究者、すなわち高被引用論文著者(Highly Cited Researchers)と言われるもので日本の大学を比較する。

 学者リストの中には、

  • 京都大学にノーベル賞受賞者が1名、
  • 大阪大学にクラフォード賞とガードナー国際賞の受賞者が各1名

いらっしゃる。さらに、将来この中からノーベル賞受賞者が出るかもしれない。別に私が作ったわけではないのだが、もしそうなったら、私の手柄ということにしてもらいたい。

 ちなみに私は、

を受賞候補者/猫として予想しているので、その件についても忘れないでほしい。

高被引用論文著者(Highly Cited Researchers)とは

 学術情報などのサービスを提供するクラリベイト・アナリティクス(旧トムソン・ロイター)は、毎年、高被引用論文著者(Highly Cited Researchers)を公表している。自然科学および社会科学を21の領域に分け、各領域において論文の被引用数が世界で上位1%に入る研究者を選出する。

 日本では毎年100名程度しか選出されない。ランキングの作成に用いるデータは2014~2018年の5年分なのだが、毎年の顔ぶれはそう変わらないため、トップ1%論文部門より、さらに難易度が増す。つまり、上位大学と下位大学との間にオッサンでも涙が出ちゃうほどの断崖絶壁が立ちはだかる(大きく点差が開く)現実が待ち受けているというわけだ。

分野横断

 2018年版より、「分野横断」という領域が追加された。

 学問の分野というのは、便宜上の区分に過ぎない。たとえば、経済学と医学は全くの別物だが、医学と生物学は隣接した領域である。1人の研究者が複数の分野にまたがって業績をあげることは珍しいことではない。

 分野横断というのは、特定の分野では選出の基準は満たさなかったものの、全部の業績をひっくるめて計算しなおしたら世界トップ1%の学者さんであった、というものである。

大量のアルファベット攻撃をくらうの巻

 原典は英語表記なので、苦労した。英語が英語なのは問題ないのだが、日本人名のアルファベット表記ほど見にくいものはない。漢字で書くと全然違うのだけれど。

  • AidaとArita(相田と有田)
  • TakaoとTadao(隆夫と忠男)
  • Takuzo AidaとTadao Asami(相田卓三と浅見忠男)
  • KataokaとKawaoka(片岡と河岡)
  • YoshinoriとYoshihiro(好紀と義裕)
  • MasatakaとMasatoshiとMasahiro(正孝と正敏と雅浩)

 「それくらい間違えないだろ」と思うかもしれないが、パソコンの画面を長時間見つめていると、次第に焦点が合わなくなってくるのである。

 大量のアルファベット攻撃を浴びせられ、目をチカチカさせながら表を作成したので、間違えてしまったような気がしてならない。私ごときが一流研究者のお名前を間違えるなんて、決してあってはならない極めて無礼なことだ。

 誤って別の方にポイントを入れてしまっていたら、本当ごめん。反省。実際、何度か危ない目に遭いかけた。しかし、悪いのは私の目であって、私自身に非はないと認識している。それでも、私自身にも責任の一端はあると反省している。理解してほしい。

 反省していると言いながら、反省しているようには見えないという指摘については、私自身の問題だと、深く反省している。今後は、このようなことがないよう、私なりにしっかりと反省をして、信頼される大学ランキングの作成に努めていきたい。

大学別 高被引用論文著者一覧

 さて、私の見苦しい言い訳が終わったところで早速本題に入ろう。日本の主要41大学に所属する高被引用論文著者の一覧である。それぞれの研究者が選出された分野も示しているので、各大学、どの分野が強いのか、弱いのか、一目瞭然だ。

東京大学

東京大学
学問分野 1%研究者 18 17 16 15 14
宇宙科学 嶋作一大        
土居守      
福来正孝        
化学 相田卓三        
堂免一成      
材料科学 染谷隆夫        
植物・動物学 浅見忠男    
篠崎和子
中嶋正敏        
西澤直子        
福田裕穂  
生物学・生化学 水島昇        
微生物学 河岡義裕        
物理学 内田愼一      
芝内孝禎        
高木英典        
十倉好紀        
分子生物学・遺伝学 水島昇
免疫学 佐藤慎太郎        
谷口維紹
中江進    
柳井秀元        
薬理学・毒性学 片岡一則    
分野横断 相田卓三        
有田亮太郎        
岩佐義宏        
染谷隆夫        
渡部雅浩        
合計 10 7 7 9 19

大阪大学

大阪大学
学問分野 1%研究者 18 17 16 15 14
化学 佐藤哲也        
茶谷直人      
三浦雅博
材料科学 関谷毅        
植物・動物学 柿本辰男    
松田史生        
生物学・生化学 審良静男    
吉森保        
物理学 安藤陽一        
分子生物学・遺伝学 吉森保        
免疫学 審良静男
石井健        
改正恒康        
加藤博己        
坂口志文
佐藤慎太郎    
竹田潔  
邊見弘明        
山本雅裕  
臨床医学 審良静男        
木原進士        
船橋徹        
分野横断 関谷毅        
合計 6 8 8 9 17

 大阪大学の免疫学は、昔から異常値を叩き出すことで有名である。何を隠そう、免疫学世界一の研究機関は、ここ大阪大学免疫学フロンティア研究センター(IFReC)なのだ。他の大学と比べてみて、明らかにおかしなことになっているのがわかるだろう。これが真のワールドクラスというやつだ。残念ながら、阪大のIFReC以外に世界トップレベルと言える研究拠点は、なかなか日本には存在しないのが現実である。

 坂口志文さんは、クラフォード賞の受賞者である。審良静男さんは、ガードナー国際賞の受賞者であり、IFReC創設より拠点長として阪大の免疫学を率いてきた方である。2014年には生物学・生化学、免疫学、臨床医学の3分野で選出されている。それもそのはず、論文の被引用数世界一で有名な方なのだ。2019年7月からは、竹田潔さんが拠点長を務めておられる。

東北大学

東北大学
学問分野 1%研究者 18 17 16 15 14
材料科学 井上明久        
陳明偉        
植物・動物学 佐藤修正
花田篤志      
山口信次郎  
物理学 齊藤英治      
佐藤宇史        
高橋隆        
薬理学・毒性学 寺崎哲也        
分野横断 大野英男        
高橋三郎        
瀧宮和男        
バウアー・ゲリット        
本間格        
山本雅之        
合計 9 3 3 2 7

 東北大学というと、材料科学が有名だったような気がするのだが、それは私の勘違いだったようだ。「東北大学といえば材料科学、材料科学といえば東北大学、さぁ行こう東北大学」という標語の返還を求める。

 2018年に算入された分野横断で滑り込み大量得点という印象は否めないのだが、どちらにせよレベルの高い研究者でなければ選出はされないので、まぁ結構。

 さて、私が注目したのは、金属材料研究所教授、バウアー・ゲリットさんである。「もしかして東北大学が海外の名門大学から引き抜いてきたのかな」なんて思って、「もしそうなら日本大学ランキング編集長の権限で東北大学に別枠で21点くらいあげちゃおっかな」なんて思って、調べた結果、奥様が加藤真佐子さんという、どう見ても日本人と思わしき方であった。

 「きっとそうだろうな、そうだろうな、だろうな」なんて思う気持ちを抑えつつ、私は調査に勤しんだ。見事に私をがっかりさせてくれたので、編集長権限を濫用して東北大学は-50点である。まぁ、一流研究者が日本に来るなんてことは通常では考えられないのでね。もしも、そんな人がいたら頭がおかしいのかと思ってしまう。

 ドイツ系の名前っぽいなと思っていたら、やはりドイツのご出身だそうだ。

sites.google.com

京都大学

京都大学
学問分野 1%研究者 18 17 16 15 14
化学 北川進
植物・動物学 鹿内利治      
山口信次郎        
生物学・生化学 金久實  
五斗進        
山中伸弥        
物理学 松田祐司      
免疫学 加藤博己    
竹内理
野村尚史        
藤田尚志  
分野横断 寺内良平        
山中伸弥        
合計 7 5 5 7 7

 国際的な学術賞にはめっぽう強い京都大学なのだけれど、高被引用論文著者はちょっと寂しい。表にある「山中伸弥」さんは、どこの山中伸弥さんだろうか。そう。ノーベル賞の山中伸弥さんである。以上。

名古屋大学

名古屋大学
学問分野 1%研究者 18 17 16 15 14
化学 伊丹健一郎      
植物・動物学 上口(田中)美弥子      
榊原均  
松岡信    
物理学 野尻伸一
合計 3 3 3 4 3

 名古屋大学でも京都大学と同じ現象が起こっている。ノーベル賞には強いのに、トップ1%研究者数では芳しくない。しかも、なぜか5名中3名の方が植物・動物学者である。もっと頑張り給えよ。

千葉大学

千葉大学
学問分野 1%研究者 18 17 16 15 14
植物・動物学 齊藤和季
免疫学 植松智  
米山光俊        
薬理学・毒性学 設楽悦久        
合計 1 2 2 2 4

 結構いい大学だとは思うのだけれど、「なんか地味な大学」という印象が拭えない、もっと言えば筑波大学や何かと違って全国的な認知度が低そうな千葉大学だが、かろうじて「その他」行きを免れた。

その他

その他
学問分野 1%研究者 18 17 16 15 14
東京理科大学
物理学 辻川信二        
免疫学 岩倉洋一郎
分野横断 工藤昭彦        
合計 2 1 1 1 2
東京工業大学
化学 前田和彦        
物理学 細野秀雄      
分野横断 神谷利夫        
合計 3 0 0 0 1
岡山大学
植物・動物学 馬建鋒  
山地直樹    
合計 1 2 2 2 0
九州大学
地球科学 竹村俊彦
分野横断 安達千波矢        
合計 2 1 1 1 1
慶應義塾大学
計算機科学 冨田勝        
免疫学 本田賢也
合計 1 1 1 2 1
山形大学
材料科学 城戸淳二
分野横断 笹部久宏        
合計 2 1 1 1 1
順天堂大学
薬理学・毒性学 平松啓一      
分野横断 八木田秀雄        
合計 1 0 1 1 0
新潟大学
生物学・生化学 小松雅明        
分子生物学・遺伝学        
合計 0 0 0 1 1
広島大学
宇宙科学 高橋弘充        
水野恒史        
合計 0 0 2 0 0
大阪市立大学
化学 佐藤哲也  
合計 1 1 1 1 0
早稲田大学
工学 滝沢研二    
分野横断        
合計 1 1 1 1 0
東京農工大学
植物・動物学 梅澤泰史    
合計 1 1 1 0 0
徳島大学
植物・動物学 刑部祐里子    
合計 1 1 1 0 0
北海道大学
免疫学 橋本大吾    
合計 1 1 1 0 0
愛媛大学
植物・動物学 佐久間洋      
合計 0 0 1 1 0
首都大学東京
物理学 水口佳一        
合計 0 1 0 0 0
信州大学
化学 堂免一成        
合計 1 0 0 0 0
鳥取大学
植物・動物学 岡本昌憲        
合計 0 0 1 0 0

日本大学ランキング2019-2020トップ1%研究者部門

 トップ1%研究者数を大学の規模で正規化した得点を算出する。表の「人」と「回」について、細かいルールは割愛して、簡単に説明すると、

人: 5年間で選出された高被引用論文著者数
回: 高被引用論文著者選出回数の5年合計

である。私が得点を計算するのに使うだけなので、気にしないでほしい。

日本大学ランキング2019-2020トップ1%研究者部門
順位 序列 大学 区分 1%著者 得点
合計
1 S 大阪大学 国立 22 48 50.00 50.00 100.00
2 A 東京大学 国立 26 52 38.96 35.72 74.68
3 B 東北大学 国立 15 24 31.00 22.73 53.73
4 B 京都大学 国立 12 31 22.72 26.90 49.63
5   東京理科大学 私立 3 7 21.83 23.35 45.18
6   千葉大学 国立 4 11 17.26 21.75 39.01
7   名古屋大学 国立 5 16 14.63 21.46 36.09
8   山形大学 国立 2 6 12.78 17.57 30.35
9   東京農工大学 国立 1 3 10.70 14.71 25.40
10   東京工業大学 国立 3 4 14.19 8.67 22.85
11   岡山大学 国立 2 7 7.87 12.62 20.49
12   徳島大学 国立 1 3 7.75 10.66 18.40
13   大阪市立大学 公立 1 4 6.17 11.30 17.47
14   順天堂大学 私立 2 3 8.81 6.06 14.87
15   新潟大学 国立 2 2 9.69 4.44 14.13
16   慶應義塾大学 私立 2 6 5.94 8.17 14.11
17   九州大学 国立 2 6 5.20 7.15 12.36
18   鳥取大学 国立 1 1 8.29 3.80 12.08
19   愛媛大学 国立 1 2 6.15 5.64 11.79
20   広島大学 国立 2 2 6.90 3.16 10.06
21   首都大学東京 公立 1 1 6.39 2.93 9.32
22   信州大学 国立 1 1 5.44 2.49 7.94
23   早稲田大学 私立 1 4 2.45 4.49 6.93
24   北海道大学 国立 1 3 2.61 3.59 6.20
  大阪府立大学 0 0 0.00 0.00 0.00
鹿児島大学
金沢大学
北里大学
岐阜大学
近畿大学
熊本大学
群馬大学
神戸大学
筑波大学
東京医科歯科大学
富山大学
長崎大学
日本大学
三重大学
山口大学
横浜市立大学

日本大学ランキング2020トップ1%研究者部門

 大阪大学が日本の大学ランキングにおいて、世界レベルの研究機関IFReCを召喚するという禁術を発動させ、2019-2020年のトップ1%研究者部門第1位の座を奪い取った。前代未聞の悪事である。反省しなさい。

 大阪大学がIFReCさえ繰り出さなければ、たぶん1位となっていたのが東京大学である。常に地味な存在だが、安定したレベルの高さを評価しなくもない。大阪大学とは違い、安定の日本品質・材料科学で勝負してきた東北大学は3位であった。正々堂々と戦いに挑むことは大切な心掛けである。繰り返しになるが、日本の大学ランキングにおいて、世界レベルの研究所を使うのは反則である。

 主要国際賞部門では他大学を置き去りにするデッドヒートを見せた京都大学と名古屋大学であったが、どちらも世界トップ1%の学者は少なく、名古屋大学にいたっては東京理科大学と千葉大学に敗北を喫すという辱めを受けてしまった。全体を通して、しょぼい大学がとにかく多すぎた。波乱だらけである。

 最後に、私が気になったのは、国内主要大学の中に数学分野で高被引用論文著者が1人もいなかったことである。被引用数が全てではないとはいえ、日本はフィールズ賞、ガウス賞、チャーン賞ウルフ賞などで受賞者をしっかり輩出しているので、その点はちょっと意外だった。それにしても、植物・動物学は多すぎる。

対象大学と研究者の所属

 この記事は日本大学ランキングの1部門であるので、国内主要41大学に所属されている研究者のみを対象としている。主要大学以外の大学、また理化学研究所など大学以外の研究機関に所属されている方については、この記事では取り扱わない。

 また、大学単位で集計しているため、ある研究者がある年に選出されていないように見えても、別の大学に掲載されている場合がある。主要大学以外に移籍された、もしくは主要大学以外から主要大学に移籍された場合においては、主要大学以外在籍時の選出された事実ついて、この記事には掲載されていない。